同じように無年金の期間

学生時代からの近辺たちって4人間で奥様会ランチタイムを楽しんでいたら年金の話題が出ました。
サクサク受給生まれは持ち上げられ、果たして何時にもらえるのかはわかりませんが、アテにならないと言いつつ誰もがアテとしていらっしゃる。
4人の身元は業女性、常勤の自営ワーキングマザー、独り身サラリーマン、独り身無職という人違う。
身元が違うと年金の種類も異なり、きっと将来の受給料金も大きな差があります。
同じように無年金の期間があってもようやくその分を埋めようとする人間もいれば、放置する人間もいらっしゃる。
環境力量だけでなく視点によっても根本は覆り、いくつまで通じるかわからないので賢明は誰にもわかりません。
面白いのは何の物証もないのに4人間とも状況寿命までは通じるって信じているため、それでいながら80年齢の自分の先入観はできません。
ウェディング、分娩、稼業、キッズといった今まで色々なことがはやりました。
先のこととはいえ、遂に年金が話題になったためわずか老け込んだ気分です。
それぞれがどんな老後を迎えることになるかはわかりません。
も、たまにはランチタイムやお茶を楽しんだり、エステに出掛けたりするくらいのスタミナって環境力があるお婆さんになりたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です